レイルヨーロッパ 手数料

レイルヨーロッパに手数料を払っても予約したほうがいいの?

 

レイルヨーロッパの日本語サイトで予約すると手数料がかかります。
発券手数料と配送料ですね。
手数料の額はチケットやパスによってそれぞれなようです。

 

 

で、日本国内から外国のレイルヨーロッパで購入するという方法も考えられるのですが、結局日本のサイトに戻ってくるので、外国サイトで購入することはできないのです。

 

 

レイルヨーロッパは元々フランス国鉄関係の会社がやっていて、
日本の代理店がレイルヨーロッパジャパンという名でやっているようです。
恐らく、日本国内での販売は日本の代理店にすべて任されているのでしょう。

 

 

となると、日本のレイルヨーロッパで予約するか、
もしくは他の外国のチケット販売サイトから直接購入するかということになってきます。

 

 

ヨーロッパ旅行に慣れていて、外国語もできるという方は、
他の外国のサイトのほうが安くてよいかもしれません。

 

 

しかし、逆にヨーロッパ旅行初心者で外国語もいまいちという方は、
レイルヨーロッパの日本語サイトで予約するのも全然ありだと思います。
手数料を払うだけのあまりあるメリットもあると思いますよ。

 

 

手数料が取られるというデメリットがある半面、
日本語のサイトで、日本人スタッフが対応してくれるので、安心感はあります。
何かトラブルがあったときも焦らる度合いが少なくなるでしょう。
それから、日本のクレジットカードで決済できないところもあるという話も聞いたことがありますしね。

 

 

 

 

【まとめ】

 

日本国内から外国のレイルヨーロッパのサイトで購入することはできない(日本のレイルヨーロッパで買うしかない)。

 

ヨーロッパ旅行に慣れているなら、レイルヨーロッパ以外の外国のチケット販売サイトから直接買うのも良い。

 

ヨーロッパ旅行になれていない方は、日本語のサイトのほうが安心感があるため、レイルヨーロッパで手数料を払って購入する価値がある。

 

 

 

 

と、私の意見はこのようになりました。
参考にしてみてくださいね☆

 

 

⇒レイルヨーロッパのキャンペーン情報はこちら